再生医療センター そばじまクリニックは、乳がん後の乳房再建術など脂肪幹細胞による再生医療をクリニックレベルで実現します。

細胞バンク

  1. トップ>
  2. 細胞バンク

細胞バンクとは

幹細胞の凍結保存

幹細胞バンクとは、健康時若い時の自分の細胞を分離・保管しておく事により、将来ご本人様に再生治療が必要となった場合に、ご自分の細胞を移植する事が出来ます。
ご自身の細胞を使うことで拒絶反応リスクが低く、組織機能の回復を期待出来る「自分の為の細胞保険」システムです。

細胞バンクご利用の流れ

充分なご説明をさせていただき、ご理解頂いた後、まずはご本人様の皮下脂肪(腹部や大腿部等より)を吸引致します。

その後吸引された皮下脂肪は、施設内に設置された「細胞処理センター」にて専門スタッフによる幹細胞採取が行われ、超低温保存(マイナス150℃以下)の中で長期保存されます。

また、細胞保存されている方々へは随時臨床研究の動向や臨床応用の状況をご説明(アップデート)させて頂きながら、必要時に備え準備を進めて参ります。

細胞バンクの流れ

お問い合わせ

ページトップに戻る